仕事内容 – インフラエンジニア職

お任せする仕事内容

インフラエンジニア職

■「ライフリズムナビ+Dr.」システムの設計・構築・導入・運用サポート
介護施設などのネットワーク設計・構築・導入・運用サポート
などをお任せします。
「ライフリズムナビ+Dr.」を導入する介護施設のネットワーク設計、システム導入・運用に関わるお仕事です。 「ライフリズムナビ+Dr.」を介護施設へ導入する上で、たいへん重要な役割を担っているポジションです。

実際の入社後の仕事例

元 プロジェクトマネージャー
M.Oの場合(2019年8月入社)

前職ではIoT関連のシステム開発に従事していました。主にAWSを活用したインフラ構築、運用保守、開発管理など、幅広く行っていました。

入社後〜現在までの仕事内容
  • 入社1ヶ月〜1年目

    エコナビスタの業務やライフリズムナビの特性を覚えるために、積極的に現場訪問に同行し、導入設置、サポート対応を行いました。机上ではわからないライフリズムナビのご利用状況を確認したり、直接お客様にご意見を伺ったりするなど学ぶことに専念しました。
  • 入社1年目〜2年目

    この時期には、ライフリズムナビの導入設置やサポート対応の実践を多数経験しました。実際にさまざまな局面を乗り越える中で、裏方的視点で必要だと感じた「ライフリズムナビに実装した方が良い機能要件」をとりまとめ、システム開発部門に提案するようになりました。こういったアプローチに対して開発部も積極的に話を取り入れてくれるため、とても提案が行いやすい社風であることを実感しました。
  • 現在(入社3年目)

    現在は、主にライフリズムナビを導入するために必要な機材の出荷準備、キッティング、導入・サポート支援を行っています。
    導入が決まったご施設様へ機材準備とネットワークなどの設定だけでなく、導入時にライフリズムナビが正常に稼働できるような状態にするため諸々の確認対応をするなど、セットアップから実際にご使用できるまでの工程を担当しています。そのほか、導入だけではなくライフリズムナビ運用中にご施設様でトラブルがあった際、機材の調査・解析といった業務も行っています。
    また、機材に必要なセンサーの入庫や組み立て、出庫といった各フローでの物品の流れや在庫数を把握するため、機材管理も大切な仕事のひとつです。
  • 今後挑戦したいこと

    今後、ライフリズムナビの出荷数の大幅な増加が見込まれていますので、キッティングにおいても、作業規模感が大きくなってくることが予想されています。それに対応するためには、マニュアル化や効率化を進めていくことが重要になり、その仕組みを構築していくことが今後の課題と捉えています。
    また、ライフリズムナビの運用場面において、センサーデータ以外に、居室内カメラや見守りコールのように動画や音声データが利用されることが多くなってきています。それらを効率よく伝達できるようなネットワーク構築をおこなっていく必要があり、そのための知識を習得するということも、今後力を入れていきたいところと考えています。

キャリアパス

インフラエンジニア職でライフリズムナビの導入運用やサポート対応の実践を多数経験いただき、将来的には人と企業が成長するサイクルの中であなたのキャリアを磨けるさまざまなチャンスをご用意しています。

・ネットワークスキルを追求するインフラエンジニア
・サーバー運用保守を突き詰めた上でのフルスタックエンジニア
・サービスの導入や活用をサポートするカスタマーサクセス

など、ご希望・経験・スキルや業務のタイミングに応じたキャリアを選択していただきたいと思っています。


スキルアップ補助

技術向上のため、学習費用を補助しています。
・書籍購入費補助
・セミナー受講
・資格取得補助
・勉強会開催 など

あなたからのエントリーをお待ちしております!

エントリー
TOP